乱視

乱視とは

角膜や水晶体のゆがみ・ひずみが原因で乱れた像が網膜に届き、物がぼやけたり、二重に見えたりするのが特徴です。
正確に調べてみると、多くの人の目に弱い乱視が見受けられます。ただ、近視も遠視もなく、毛様体筋が正常に調節を行っていれば視力に影響はありません。このように視力に影響が出ないような弱い乱視を「生理的乱視」といいます。
また、視力に影響が出るような乱視の場合、視力回復トレーニングによって乱視を完全に治すことは出来ませんが、近視性乱視・遠視性乱視の場合、遠近調節機能を柔軟にすることで、乱れていた映像を正しく改善し、視力回復が可能になります。

乱視について


お問い合せは最寄りの東京視力回復センターまで